『男前工務店探訪』 第4回 コーシン住建株式会社様 代表取締役 中嶋 高信氏




埼玉県熊谷市の住宅街にあるコーシン住建の社屋は、一見山小屋風の素朴な建物だ。
同社を17年前に起業した中嶋高信社長(57歳)はシャープとINAXという一部上場のメーカーで20年近く設備工事を担当し、最後は熊谷の拠点責任者を務めた経歴の持ち主。
設立当時は建材販売を事業の柱としており、関東第2位の売上を記録したこともある。

創業以来、余計なコストを省き、リーズナブルな価格でクオリティの高いサービスを提供する方針を貫いている。同社の勲章はオシャレな事務所などではなく、壁一面に貼られた工事依頼書なのだ。

月に手がける工事件数は約100件。

それを16歳から34歳まで、平均年齢28歳という若い技術者集団が2人1組でこなしている。

「なるべく日曜は休ませたいのだが・・・」
と言いつつ、土曜・祝日はもとより、日曜さえも不承不承予定を入れざる得ないほど、施工依頼が絶えることはない。不況知らずの理由の一つは、特約店となっているクリナップから圧倒的な信頼を得ていることだ。

クリナップは施工の過程を写真に撮って厳密に管理し、完成後はお客様に詳細なアンケートを実施しているが、施工技術の高さやお客様の満足度において、コーシン住建は他社を上回る高評価を獲得している。
関東全域に多数の特約店を抱えているにも関わらず、クリナップが同社を指名するのはそのためだ。
最近では直接リフォームの依頼が来るケースも増え、埼玉県内やその周辺での認知度は徐々に高まっている。


コーシン住建の特徴は11人が全員正社員だと言うことだ。
アルバイトも下請けも使わない。大工仕事が必要な時はプロの大工に依頼するが、それもクオリティが保証されている人間に限られる。

「リフォームはアルバイトが出来る仕事じゃない。うちでは2人1組で施工しているが、必ずベテランの先輩に経験の浅い人間をつけるようにしている」と中嶋社長。

施工のプロセス管理も徹底している。
段階ごとに写真を撮らせ、会社にいる社長宛てにリアルタイムで送らせて、クオリティをチェックしているのだ。ミスが起こる前に修正し、施工のクオリティを誰が受け持っても均一になるようにするのが同社のやり方だ。

口で言うのは簡単だが、実行するのは容易ではない。ところが、同社に入社して辞めた若者は、今まで一人もいないと言う。

「うちに来るのはよそで務まらなかった人間ばかり。人が3ヵ月でマスターすることを2年かかって覚える子もいます。それでも、辞めてくれとは言うことはない。誰にでもいいところがある。仕事は遅くても、いつもニコニコして、お客様から『楽しそうに仕事してていいわねぇ』と愛される子もいる。など、長所を伸ばし、技術はじっくり取り組んで磨いていけばいい」と中嶋社長。

但し、同社は技術を身に付けなければ、給料も上げない実力主義だ。

また、技術だけでなく、清掃や整頓、客先へ行くときの服装など、サービス面も厳しく指導している。



リフォーム工事はお客様のお宅の一部で行われる。ゴミも出れば、出入りに玄関を使ったりもする。
神経質なお客様は、「汚い服で家に入って欲しくない」とか、「工事の後の掃除がなっていない」などとクレームをつける人もいる。いくら施工の技術が高くても、お客様に嫌われてしまっては、評価も低くなり、リピートにもつながらない。

そこで中嶋社長が社員にいつも言っているのが、「自分たちを職人だと思うな。おまえたちは技術者なんだ。現場の責任者の自覚を持って、お客様が求めていることを考え、実行しろ」ということだ。

もう一つ、同社がこだわっているのが、社員全体のレベルの底上げだ。

同社では月に1度、全体会議を開催しているが、「あいつの失敗は俺には関係ない」という態度をとることを厳しく戒めている。誰がミスをしても、その失敗が会社の信用を落とし、ひいては業績に悪影響を及ぼすからだ。逆にみんなが助け合い、教えあってレベルが上がれば、おのずと受注も増えていく。その認識を共有し実践した結果が、今日の安定受注につながっているのだ。

中嶋社長が施工の技術を身に付けたのは20代半ばから30代半ばにかけてのシャープ時代だ。まだ日本がバブルを謳歌していた頃で、昼は施工、夜は図面を引いて、よく会社に寝泊まりしていたという。理不尽な上司や先輩もいたが、1兆円企業を目指して伸び盛りだった会社で山ほど仕事をこなしたことが、今日の礎を作ってくれた。

だが、心がけているのは、自分が受けた教育を若い社員にするのではなく、論理的に説明して、納得感を醸成することだ。辛抱が要求されるが、ずぶの素人だった若者が技術者として成長していく姿を見られることは、お金に換えられない喜びがあると言う。


「年収から言えば、サラリーマン時代の方がよかった。だけど、若い社員も育ってきているし、これからは水回りだけでなく、総合リフォームを直に請け負う仕事を増やしていこうという夢もある。まだまだ10年は現役でいたいから、起業したことを後悔はしていませんよ」と中嶋社長。

ベテランの社長を核に伸び盛りの若者が集う技術者集団の未来は明るいに違いない。







 会社名            コーシン住建 株式会社
 住所 〒360-0835 埼玉県熊谷市大麻生1197-1    
 電話  048-533-4200
 ファックス 048-533-4300
 URL http://www.koushin-j.com
 加盟 クリナップ特約店
 事業内容 住宅設備機器の販売・施工
 リフォーム

 

 
塗装コンシェルとは、お客さまが安心し、ご満足のいく外壁塗装リフォームが出来るよう全力でサポートさせていただくコンシェルジュサービスです。
イエスリフォーム齋藤直樹
Arrow_up